プロフィール

初めまして、みちこです。(みちことは、幼い頃のあだ名です)

このサイトは、私自身の実体験に基づいた婚活ブログです。

「40代女性の婚活は厳しいよ。そんなに甘くないよ」そう言われている中で、

  • これから婚活を始めたい
  • 現在婚活している

婚活に励むアラフォー女性のみなさまにとって、こんな婚活もあるのかと参考になれば幸いです。

私はもともと恋愛経験も少なく、婚活前は10年ほど恋愛から遠ざかっていました。

みちこ

こちらの記事では、私の自己紹介を兼ねまして

「33歳で失恋してから、43歳で婚活を決意するまでの経緯」をご紹介します。

結婚相談所に入会して実際に婚活する様子は【婚活体験談】彼氏いない歴10年の私が6ヶ月で婚活を成功させた方法をご覧ください。

ご質問等ありましたら、お問合せフォームよりご連絡ください

婚活を決意するまでの話

婚活を始める前の10年間の出来事
婚活を始める前の10年間の出来事

婚活スタート前の約10年間の出来事です。

  • 33歳で恋人と破局し3年をムダにする
  • 法律家を目指して働きながら受験勉強
  • 辛すぎて精神世界に生きていた
  • スポーツジム閉鎖で「山」を始める
  • 「山」に没頭し結婚からはどんどん遠ざかる
  • 冬山での事故と同時にコロナ禍へ
  • 2020年5月:婚活を決意

詳しくお話ししたいと思います。

33歳で恋人と破局し3年をムダにする

失恋して膝を抱えてうずくまる女性

2008年、当時の私は32歳、金融機関に勤める会社員です。

3年ほどダラダラと付き合っている彼がおり、この流れで結婚するのかな?くらいに思っていました。

(コソコソ社内恋愛していました)

そこへ勤務先の会社が日本撤退!転職を余儀なくされます。

みちこ

外資系企業に勤めていました。(英語はできません)

急いで転職活動をし、転職先で新しい仕事に慣れることに必死。

彼の方はと言えば、いつまでも転職先が見つからず私より悲惨。焦るばかり。

お互いに恋愛どころではなくなり、気付いたら別れていました。

みちこ

正確には「別れを切り出された」のです。

ダラダラと付き合っていた結果、もはや結婚する勢いもなく「そうだよね~」って感じでした。

2009年、気付けば33歳になっていました。

別れた後に、若干落ち込みます。

「3年を無駄にした…」

法律家を目指して働きながら受験勉強

study

2010年、新しい職場でガツガツと仕事に没頭していた頃、ふと浮かんできたのが「法律家になりたい」でした。

みちこ

何故ここで「婚活しよう」と浮かんでこなかったのか、本当にナゾです。悔やまれます。

社会人受験生として予備校に通い始めました。

  • 朝7時には仕事開始
  • ランチタイムは近くの自習室で勉強(or仮眠)
  • 夜8時頃まで仕事
  • 仕事の後は予備校(or自習室で勉強)

最初の5年間のスケジュールです。過酷ですが5年間、毎日続けました。

5年間で3回受験し失敗していますが、まだ諦めていません。

慢性的な睡眠不足の上に睡眠障害まで抱えていました(眠いのに寝付けない)。

同時に社内での異動が重なり、職場の仕事環境が一気に悪化。

みちこ

人間関係を中心に、大変厳しい時期でした。

辛すぎてこの時期のハッキリとした記憶がありません。

辛すぎて精神世界に生きていた

darkness

あまりにも辛すぎて精神世界に生きていました。

  • 毎日瞑想
  • 健康を維持するために食事は1日1.5食~2食
  • 時々ファスティング(断食とも言います)
  • 修験道の修行に参加し法螺貝を吹きながら山中を歩き回る
  • 滝行デビュー(このために般若心経を暗記)
  • 現代レイキヒーラー養成セミナーを受講(レベル2まで受講)

当時の私は、精神を鍛えることに重きを置いていましたが、これ以上やると修行僧になってしまいそうでした。

「チャネリング」の練習をしたり、この数年間で「こっち系」の能力が一気に覚醒しました。

スポーツジム閉鎖で「山」を始める

Fitness

2016年、私の中で大事件が起こりました。

20代の頃から10年以上通い続けてきたスポーツジムが閉鎖となります。

週一のストレス解消と、ジム仲間とワイワイする貴重な時間が無くなりました。

みちこ

仕事と勉強を繰り返す辛い生活の中で、唯一、自分らしく笑ったりはしゃいだりできる場所でした。

「何か他の事を始めなければ。狂ってしまうかも!

ここで「山」を始めることになります。

滝行の際、山中を歩き回った時に「山歩きって楽しい!」と感じたから。

みちこ

この時期はまだ受験勉強も続けていますが惰性です。

半分諦めていますが、何年も費やしてきたため諦めきれずダラダラしています。

「山」に没頭し結婚からはどんどん遠ざかる

Climbing

2019年には本格的に「山岳会」へ入会。

クライミングや沢登り、雪山登山にハマっていきます。

平日は仕事に集中し、週末は山で過ごす。

毎日が充実していて、結婚という文字はとっくにどこかへ飛んでいってました。

「これだけで十分に幸せではないか」

「今世はたぶん結婚しない」そういう人生もあり。

みちこ

若い頃ある霊能者に

  • 「前世での結婚経験が少ない」
  • 「結婚とは縁遠い」

と言われ、妙に納得したのを思い出しました。

受験勉強?

何度挑戦しても点数が伸びず、5回受験して総合得点は5回とも同じ。

みちこ

5回ともピッタリ同じ点数って・・・。

そろそろやめ時なのだろうか、と感じた時期です。

冬山での事故と同時にコロナ禍へ

忘れもしない2020年3月。

冬期バリエーションルート(登山道ではない、ロープを使う山行)にて雪を踏み抜き、片足がすっぽりハマって自力脱出不可能に。

この瞬間、膝があらぬ方向へ曲がった感触が…。

他のメンバーに引き上げてもらい、痛み止めを飲んで何とか下山。

診断は「膝内側側副靱帯損傷」で全治3ヶ月でした。

injury

これまでの人生、健康体で大きな病気もケガもしたことがありませんでした。

自分の事は何でも一人でできてしまったので、誰かに頼ったこともありません。

ケガをしてからは、歩くにも普段の何倍も時間がかかり、通勤も日常生活も困難な事ばかり。

心底「誰かに助けてもらいたい」と感じました。

そこへコロナです。

在宅勤務が続いた後の友達との久しぶりの会話。

「あれ?声が出ない。しばらく誰とも話していない・・・」

みちこ

焦りました。そして「毎日会話できる家族が欲しい!」と感じたのです。

2020年5月:婚活を決意

  • 辛い時に支え合える家族が欲しい
  • 毎日会話できる家族が欲しい

こんなありきたりの理由ですが「婚活しよう」と決意しました。

2020年5月、ゴールデンウィークのことでした。

みちこ

受験勉強??

予備校へ通い始めてから10年。10年の間に5回受験し、5回とも全く同じ点数で不合格。

「こっちの道ではないですよ」という天からのサインだと思いました。

気付くのが遅かったです。

結婚して引っ越しする際、大量のテキスト、ノート、六法、全ての道具を捨てました。

どれだけ投資したかと思うと、本当に情けなかったです。

辛くてしんどかった頃を思い出すと涙が出ました。

  • 43歳で婚活して夫に出会えたこと
  • 精神世界にどっぷり浸かった時期に「そっち系」の能力が覚醒したこと

このような2つの副産物がありましたので、無駄な時間ではなかったと思います。

以上、簡単な自己紹介をふまえて婚活を始めることになった経緯でした。

みちこ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

>>【婚活体験談】彼氏いない歴10年の私が6ヶ月で婚活を成功させた方法