婚活の悩み

【婚活中の悩み】離婚理由など聞きにくいことを聞くタイミング

お見合い後、お互いに交際を希望すると仮交際へ進みます。

仮交際ではデートをして会話を重ね、少しずつお互いを知りながら真剣交際に向かって歩んでいきます。

  • 過去の離婚理由など聞きにくいことを聞くタイミングはいつか
  • 知り合ったばかりで踏み込んだ質問をしてもいいのか

このような悩みを取り上げたいと思います。

例えば、プロフィールには「離婚歴がある」ことは必ず記載されていますが、離婚理由について詳細に記載されてはいません。

しかし婚活を進めるうえで、なぜ離婚に至ったのか、理由について聞きたいと思うのは当然のことでしょう。

みちこ

離婚経験のあるお相手の場合、自分から離婚に至った経緯を話して下さる方が多かったです。しかしなかなか話してくれないお相手もいました。個人的に踏み込んだ内容については、こちらからは聞きにくいものです。

それでも、必ず「仮交際中」に確認しておくようにしましょう。

私自身の経験を元に、仮交際中、結婚生活に関わるような大切なことを聞く方法をお伝えしたいと思います。

真剣交際に入ってから「そんなに大きな借金があるなんて聞いてなかった。事前に知っていたら真剣交際に進まなかったのに」

などと後悔することのないよう、参考にして頂けると幸いです。

聞きたいけどなかなか聞けないこと

婚活をする上でお相手に聞きたいけど聞き辛いこと、話しておきたいけど切り出しにくいこと。

具体的には以下のようなものがあります。

  • 離婚歴や離婚理由
  • 結婚後に子供を望むか否か
  • 特定の宗教等に加入している
  • 持病がある
  • 大きなローンや負債を抱えている
  • 家族に関する重要な事柄

特に「子供」に関しては必ず確認しておきましょう。

40代の出産も珍しくない時代です。どの程度の温度感で子供を望んでいるのか、お互いに確認しておいた方がよいでしょう。

持病の有無や大きな負債の有無など、結婚生活に大きな影響を与えそうな事柄については、できるだけ早い時期に伝えておくのがマナーです。

みちこ

伝えることで信頼関係を築くことにも繋がります。

聞き辛いことを聞く(相手に伝える)時期

聞き辛いけど聞いておきたいこと、結婚生活に関わるような大切なことを伝える時期、それは「仮交際中」です。

仮交際中は複数のお相手との交際が可能。

万が一そのうちの一人と交際終了しても、他のお相手と交際を継続することが可能だからです。

真剣交際に入ると、他のお相手とは全て交際終了し、一人のお相手に絞って「結婚前提」での交際をすることになります。

真剣交際に入ってから破局すると、再度「お見合い」からやり直しになってしまうのです。

みちこ

精神的ダメージが大きいだけでなく、貴重な時間をムダにしてしまいます。

大切なことは仮交際中に伝えるのがマナーです。

理想的な仮交際のデートプラン

理想的なデートプランの一例です。

  • 1回目、2回目:短時間の食事やランチで少しずつお互いを知る
  • 3回目、4回目:デートの時間を伸ばしていきながら家族の事も含めて深い話をしていく
  • 5回目、6回目:結婚生活に関わるような大切なことについて話す

5回目、6回目のデートの頃には、仮交際が1ヶ月程度は続いている状態だと思います。

仮交際が進んできたら、お互いに「結婚」をイメージできるような場所でデートを重ねてみましょう。

結婚生活を意識するデートスポット

  • ファミリー向けのショッピングセンター
  • ニトリやIKEAなどの生活雑貨や家具のある場所
みちこ

私も、カウンセラーにアドバイスされたのでよく行きました。

生活感の溢れる場所でデートすると、結婚生活を具体的にイメージできます。

最大のメリットは「恋活」ではなく「婚活」しているのだと、お互いにハッキリと意識できるところです。嫌でも意識すると言った方がいいかもしれません。

このような雰囲気の中で、結婚生活に関わるような大切なことを話したり聞いたりしてもおかしいとは思われません。

信頼関係を築くためにはとても大切なことです。

焦って真剣交際に進まない

大切なことを確認しない状態で、焦って真剣交際に進まないようにしましょう。

仮交際期間が長くなってくると、お互いに真剣交際を意識するようになります。結婚相談所のカウンセラーからも、真剣交際を打診されるかもしれません。

みちこ

そこで結婚を急ぐあまり、気にしないふりをしないで下さい。特にお金に関することは、はっきりと聞き辛いテーマでもあるため曖昧になりがちです。

  • 聞いたことに対しての答えが曖昧
  • 毎回言うことが変わる(一貫性がない)
  • 真摯に向き合おうとしない
みちこ

このような場合は、いったん冷静になってみてください。

「なんとなく違和感がある」ような場合も、焦って前に進まないようにして下さい

まとめ:結婚生活に関わるような大切なことは仮交際中に確認を

最後までお読みいただきありがとうございました。

結婚生活に関わるような大切な事柄は、仮交際中に伝える(聞く)ことをおすすめします。

みちこ

例えばお相手が大きな住宅ローンを抱えていたとしても、一緒に返済していこうと思えるなら前に進んでいけばいいでしょう。

交際期間の短い婚活では、健全な結婚生活を築いていくためにも「信頼関係」はとても大切です。

お互いに対する「信頼関係」がベースとなって、結婚生活が継続していくと言っても過言ではありません。

あえて伏せたままでも、結婚まではたどり着くこともできるかもしれません。しかし結婚後に発覚し、その後の結婚生活を維持できないケースは少なくありません。

結婚生活に関わるような大切なことは、お互いのためにも仮交際中に話しておきましょう。

今回は以上です。

おすすめの記事

1

実体験をもとに、40代の婚活に適した結婚相談所の選び方をご紹介します。 上記の流れで検討してみてください。 結果、気軽に相談できず、別のカウンセラーさんのLINEサポートを併用することになります。 安 ...

2

今回はおすすめの婚活方法についてお話ししたいと思います。 おすすめの婚活方法、それはズバリ「結婚相談所」です。 特に40代女性にはおすすめです。理由は・・・ 「結婚相談所」には結婚したい人しかいないか ...

3

今回はお見合いを成功させる方法をご紹介します。 私が実体験をもとに感じた、お見合い成功のためのポイントは3つです。 私は婚活中に28回のお見合いを経験しました。 そのうちの20名のお相手から「仮交際へ ...

-婚活の悩み